ハードディスクの復旧に役立つ知識│raidで対処しよう

ファイルについて

会社のパソコンの管理者は、定年や自己都合で会社を辞める社員には、事前に自分のパソコン内のファンる整理をするように指示しておくことが必要です。引き継ぎ者に引き渡すファイルはメールに添付して早めに時の担当者に引き継ぐように促しておかないと、辞めた後に引き継ぎがきちんとできていないというような事態にもなりますので注意が必要です。引き継いだ側に人間が異動などで他部署に行くだけでしたら、最悪の場合でも異動後に時間をとって再度引き継ぎをしてもらえますが、退職者では?れが無理だからです。また、不要なファイルのデータ消去も退職前に対象者に依頼しておくと良いです。データ消去してはいけないファイルを個人で持っているような場合、退職後のデータの扱いを管理者は考えないといけません。

パソコン管理者は共通で使うファイルについても全容を把握しておきたいものです。会社で皆が閲覧できる共有ファイル保存場所があり、そこには日々ファイルが追加されていったりします。しかしこれが数年経つと必要がなくなったファイルがどんどん溜まっていって、保存領域がなくなるといった事態が発生するのです。日々の忙しさに忙殺されている社員は、ファイルの保存スペースのことまで頭が回らないことが多いので、パソコン管理者はそういった社員にいらないファイルは随時データ消去する旨を伝えなければなりません。ファイルの容量が一体になるとファイルを開くのみ時間がかかったりして業務に支障をきたします。従っていらないデータ消去は随時必要なのです。